イヤホンをしながらの自転車の運手は危ない

自転車の交通ルールについてはいろいろと細かい部分もあると思いますが、それでもなにより危険につながることはやめた方が良いでしょう。
昔から言われているような無灯火の運転は危険だし、スマホを操作しながらの運転も危険です。
前方に気付かずに、人や物にぶつかったり、それでスマホを落として画面が割れたりすることもあるでしょう。
でも、よく見かけるものでとても気になっているのが、イヤホンをして音楽を聴きながら自転車で走行している人です。
昔はそれほどうるさく言われませんでしたが、改正された道路交通法では禁止されている行為の一つです。
自転車には車のようにサイドや後方を確認するためのミラーがありません。
また、自転車が左右にぶれたりバランスを崩しやすいので、それほど左右や後方をしっかりと確認しながら乗るという習慣もないように思われます。
しかし、そうなると、後ろから近づく自転車や原付、自動車の情報というのは、耳から入ってくる音に頼らざるを得ません。
なので、イヤホンをしている自転車をいると、追い越したりするときにとても危険に感じたりします。