(当面は圧力・制裁に力点=「自制期待」裏切られ—韓国)の記事を観て

韓国の文在寅政権は、北朝鮮がこのところ挑発行為をある程度自制する姿勢を示しているとして評価していただけに、中距離弾道ミサイル発射で期待を裏切られた格好となった。 北朝鮮に引き続き対話を呼び掛ける方針に変わりはないが、当面、圧力や制裁に力点を置かざるを得ないとみられる。文在寅は、(現在の北朝鮮の咸鏡南道咸興市の興南区域から興南撤収作戦の際米国の貨物船「メレディス・ヴィクトリー(英語版)号」に乗り脱北した避難民。祖父母は北に残したままだった。)そうです。北朝鮮への思いは、格別だと思われます、特に祖父母は北に残したままだったとの事で北朝鮮と同盟?をという事は多分小さい頃からの夢だったと思います。それが時代が変わり中距離弾道ミサイル発射で期待を裏切られた格好となったのは残念でならないであろうと思う。文在寅が大統領に成っても何もできない自分にイライラしているのではないでしょうか?しかし、北朝鮮の挑発行為は酷い!ミサイルを連絡もなく日本の国の領空を超えたのである。許されない行為である金正恩暗殺の手段しか残って居ないのか?武力だけアメリカと対等にというのはおかしい、経済力を重視すればもっと国民が幸せに成る事を考えないのであろうか?アイフル 女性専用