WBCをキッカケにメジャーに挑戦する日本人選手が増えました。

埼玉西武ライオンズからポスティングシステムを利用して牧田投手がメジャーリーグに挑戦しようとしています。牧田投手はWBCを経験した事でメジャーリーグへの思いが強くなったようです。近年牧田投手に限らずWBCを経験した事で海外の野球に触れ、そしてメジャーに憧れを抱くようになった選手が多くいます。これは日本から高レベルの選手が流出してしまう事に繋がります。しかしながらそうした選手達が日本とは違った野球に触れる事で今までと違った練習や習慣を将来日本に持ち帰り、日本野球のレベル向上に貢献するかもしれません。メジャーに挑戦するのは多くても年間に数人程度で、比較的最近出てきた新しい流れなのでまだ判断するには早いかもしれません。しかしながら短期的に見れば集客力のあるトッププレーヤーが流出して観客動員やグッズの売り上げなどに影響したり、プロ野球の魅力が減ったりレベルが低下するといった問題もあるものの、長期的に見た場合もしかしたらいい変化なのかもしれません。ベルタ酵素 販売店